建築用エッチングガラス・エッチングミラー・店舗・一般住宅・商業施設などの装飾ガラスの企画・デザイン・制作・施工・販売
Copyringht (C) 2013 GLASS GUILD All Righs Reserved
本来エッチングガラスとは、パラフィンなどで絵柄をマスキングしたガラス器を、フッ化水素や硫酸との混合液に浸し、ガラスの表面を腐食させて装飾(食刻)して行く技法です。古くからある技法で、ガレやドームの装飾技法として知られています。

しかし、近年では、研磨剤を圧縮空気でガラス表面に吹き付けて、彫刻して行くサンドブラスト技法の事をエッチングガラスと称する事が主流となっています。

弊社のエッチングガラスはサンドブラスト技法による、ガラス彫刻です。
サンドブラスト技法で彫刻した後、薬品処理により陰影を付けたり、酸洗い(フッ化水素)で表面処理をして、仕上げます。

サンドブラストによる、ガラス彫刻では、彫りの深さを何段階にも変えて彫る事で、繊細で立体的な表現が可能となります。また、基本的には無彩色なので、和風、洋風を問わず回りの雰囲気を損なう事無く、様々な演出が可能です。

サンドブラストによるガラス彫刻は、建築用途以外にもグラスや器などの工芸品や名入れ加工の記念品などにも使われます。

サンドブラスト技法による記念品
サンドブラスト技法による工芸作品
サンドブラスト技法による建築用途のエッチングガラス(店舗)
サンドブラスト技法によるエッチングミラー
制作ブログ
彫り師の独り言
グラスギルド代表
ガラス彫刻家 枋木秀行
の作品
HP
日本ガラス工芸協会 HP