建築用エッチングガラス・エッチングミラー・店舗・一般住宅・商業施設などの装飾ガラスの企画・デザイン・制作・施工・販売
■エッチングガラス

サンドブラスト仕様による、エッチングガラスです。

■エッチングミラー

ガラス同様鏡にも彫刻が出来ます
鏡の場合は通常、表面から彫刻します。
文字や照明等を入れる場合、用途によっては裏面より彫刻する場合もあります。

■ステンドグラス
■積層ガラス
■工芸ガラス

宙吹きガラス・フュージンング
キャステイング他

■強化ガラスへのエッチング

写真、中央・右は4㎜強化タペガラスに彫刻
通常強化ガラスへのエッチングは深く彫刻が出来ませんが、当工房では陰影を施すことにより、立体的に仕上げます。

■彩色エッチング(カラーエッチング)

サンドブラスト後、着色処理を施して絵画のように仕上げます。
ガラスの持つ質感を生かした半透明な仕上がりから、不透明色まで彩色可能です。
通常の陰影仕上げより2〜3倍の時間を要します。

■ガラスの異形状切断加工
■穴開け加工
(通常ガラスの穴開け加工はガラスの厚みと同じサイズまでですが厚みより小さなサイズの穴開けも可能です。)
■ガラス接着加工
■ガラス磨き加工
■曲げガラス
■フッ酸処理(タペストリー)
■ガラスへの金・銀箔貼り加工
■ガラス着色加工・カラーガラス
(DIC・パントン等カラーチャートでの調色が 可能です。)
最大加工サイズ
W3600㎜×H2900㎜
(加工ブースサイズ)

エッチング加工出来るガラスの種類(規格厚)

ガラス板厚 FL 5㎜・6㎜・8㎜・10㎜・12㎜・15㎜・19㎜・24㎜ まで可能
ミラー   M 5㎜・6㎜・8㎜  10㎜以上は特注

■エッチングガラスの加工表現(彫刻)の種類
線彫り

絵柄を線で表現する最も単純な仕様です。
平彫り

絵柄に対して均一に彫り下げる仕様で、透明部分とフロスト部分のコントラストにより表現され、切り絵のようなイメージとなります。
コストパフォーマンスは良いのですが、文字や模様、単純な図柄などデザインが制約されます。

ぼかし彫り

ガラスの透明部分を影のように残しながら、絵柄を彫刻して行きます。
品の良い仕上がりとなりますが、深さ(立体感)はありません。ぼかし彫りの場合、仕上げの薬品処理・フッ酸処理はできません。


段彫り

標準的なエッチングガラス(サンドブラスト)の仕様です。
モチーフの柔らかさや質感など表現力に富み、立体的で美しい仕上がりとなります。

肉彫り

人物や動物など、より立体感を必要とするデザインに用いる技法です。
筋肉の流れや肌の膨らみなどを予め彫り下げ、再びマスクを貼り戻し、段彫りの工程を何度も繰り返します。
熟練した、大変高度な技術と時間を必要とします。

■エッチングガラスの仕上げ処理
ケシ・彫りっ放し

サンドブラストで彫刻した後、何もしないスリガラスの状態です。指紋や汚れがつきやすいので、手が触れる場所にはお薦めしません。
陰影仕上

サンドブラスト加工後に数種類の薬品を使い陰影を施します。
立体感のある大変美しい仕上がりとなります。

弊社のエッチングガラスの標準仕様となります。

ッ酸処理(タペストリー)仕上げ

サンドブラスト加工後、表面をフッ化水素で処理することで、均一でなめらかなフロスト状の仕上がりとなりますが陰影はつきません。
当社の場合。彫刻の深さや質感で立体感を持たせます。
浴室などの水回りや屋外にお薦めします。


着色(彩色エッチング)仕上げ

サンドブラスト後、着色処理を施して絵画のように仕上げます。
ガラスの持つ質感を生かした半透明な仕上がりから、不透明色まで彩色可能です。
左の写真はおしどり部分のみ、部分着色仕上げとなります。 


Copyringht (C) 2013 GLASS GUILD All Righs Reserved
制作ブログ
彫り師の独り言
グラスギルド代表
ガラス彫刻家 枋木秀行
の作品
HP
日本ガラス工芸協会 HP